人生、機内もちこみサイズ

シンプルライフを目指すブログです。ミニマリスト、断捨離、持たない暮らし、節約など。日々の暮らしを綴っていきます。ネコです。

普段使うモノも小さくコンパクトに。

使用頻度の低いモノはだいぶ処分してきました。

我が家にはほとんど死蔵品がないと言ってもいいと思います。たぶん(笑)

 

そこで次に気になるのが、使用しているけど気に入らないモノや容量の大きいモノ。

ターゲットになったのはこちら。


f:id:jmochisize:20170708223412j:plain

 

豚毛のヘアブラシと専用のブラシクリーナー。

 

髪には豚毛か猪毛が良いらしいということで愛用してきましたが、とにかく幅をとる。

バッグに入れて持ち歩くこともできないし、どんなにお掃除してもすぐにホコリまみれになってしまいます。

 

なにより、髪に良いのかどうか実感できない。

 

残念ながら私にはデメリットだらけでした。

血迷ってメイソンピアソンの高級ヘアブラシにしなくてよかった~。

 

 

ずいぶん古くもなってきたしそろそろ買い替えしようと、いろいろ情報収集。

なにやらつげ櫛というのが良いらしいことは分かったのですが、やたらと高い。

それに濡れた髪には使用してはいけないので、お風呂上りはどうするのか?という問題も。

椿油でお手入れも必要なので、モノが増えてしまうし。

 

う~ん。高いモノを購入して今回のように失敗するのは避けたい。

どうしようかと半年は悩みました。

 

そして、こちらをゲット。

 

f:id:jmochisize:20170708223526j:plain


ダイソーの桃の木櫛。

偶然ダイソーで見つけて即決しました。

つげではありませんがプラスチックの櫛は避けたかったので、桃の木でもいいんじゃないでしょーか。(適当)

 

こちらも濡れた髪には使わないようにと注意書きされてましたが、気にせず使用してます。今のところ問題なし。

小さなバッグに忍ばせておくこともできるし大満足です^^

ちょっと女子力あがった気分。

 

これじゃなきゃダメ!というこだわりを少しずつ手放すことができれば、モノを減らして身軽になることができます。

動物毛のヘアブラシじゃなきゃダメだと思い込んでいましたが、あっさりその思い込みは覆えされました。(環境保護にはなりませんが動物保護?には繋がりますかね。自己満足?)

 

なくてはならないモノってほんとうに何もないんだな~。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

「ありがとう」を集めれば、お金に変わる【ここに気づけば、もうお金には困らない】

最近、お金の意識というものに興味を持つようになったので、面白そうなタイトルのこの本を読んでみました。

f:id:jmochisize:20170708173954j:plain


密教風水カウンセラー種市勝覺さんの

【ここに気づけば、もうお金には困らない】という本です。

何に気づけば、もうお金には困らないの!?と鼻息荒く読ませていただきました(笑)



「ありがとう」を物質化したものがお金

お金に否定的な考えを持つ人は多いです。かく言う私もその中のひとり。

お金とは苦労して手に入れるものだと親から教えられて育ちました。

さらに、お金持ちは庶民から搾取している、とも。


幼い頃からこんな風に言われてきたので、お金を稼ぐことはとても大変で、簡単に手に入れられるものではないと思ってきました。

そんな考えをもつと、なるべくお金を使わないように節約します。そして支払うたびに憂鬱な気持ちになりました。


しかし、本来お金とは何かを得るために使うもののはず。
支払ったということは何かを受け取ったということ。


価値のあるものを受け取った対価(お礼)としてお金を支払っていることを私たちは忘れがちです。

お金とは「ありがとう」のお礼を込めて支払うものなのです。
そして「ありがとう」をたくさん集めた人にお金が集まるのです。


「ありがとう」という「喜び」を多く集めれば、自然とお金持ちになるのですね。


お財布にも居心地のいい場所を与える

お金から好かれたいのならお金を大切に扱う必要があります。
そのため、お金の居場所であるお財布も大切に扱わなければなりません。

これは【人生がときめく片づけの魔法】の著者、こんまりさんもおっしゃっていましたね。

1日が終わったらお金やレシートを全て出して、お財布を休ませます。
きちんと寝る場所も準備します。


私は1日の終わりにお財布からレシートを出して整理していますが、バッグに入れっぱなしにしているので、これからはきれいな箱を準備して試してみます。

お金に関することでも、整理整頓は大切だと再認識しました。


お金に対する「思い込み」を検証する

お金に対する思い込みは人それぞれです。
当たり前だと思っていることが、他人にとっては非常識であることは多いです。

お金に対する私の「思い込み」は、

経済的な自立とは、人を頼らないこと。


実家暮らしに出戻ったので、いくら毎月生活費を入れていると言っても、経済的に自立していないことを恥だと思ってきました。

同年代からどう思われているんだろうと不安になります。

しかし、社会的に成功している人たちはたくさん仲間がいて、支えられているそうです。
人から投資してもらったり銀行から融資してもらったり。

私の実家暮らしと同等にしていいのか分かりませんが、たくさんの助けをもらってもいいのです。

助けを必要とせず、なんでも自分だけでやろうとする人にはお金が集まらないので、人に甘えることは決して悪いことではありません。


それから、冒頭にも書いたようにお金は苦労して手に入れるものであるという思い込み。

世の中には楽にお金を稼いでいる人はたくさんいるので、金運を開きたいのであれば「お金は楽して手に入る」と思ったほうがいいです。


きっとこのようなお金に対する「思い込み」、メンタルブロックを外すことができれば、お金に困ることはなくなるのでしょう。


まとめ

付章として印の結び方やマントラの唱え方などもありますが、それ以外の章は宗教に興味のない方や抵抗のある方も違和感なく読めるようになっています。

他にも書きたいことがたくさんあるのですが、ネタバレしすぎてもあれなのでぜひ読んでみてください。

私の住む地域の図書館にはなかったので購入したのですが、市外の図書館だと置いてあるんですかねー。


お金とは「喜び」の交換ツールですので、お金を支払ってこの本の「喜び」を得るのもいいですね(笑)



これからは

喜んでお金を使い、
喜んでお金をためて、
喜んでお金を得る人になります!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

本を捨てられるたったひとつのテクニック。

いつの間にか増えてしまった本。
気づけば16冊もありました。

なるべく図書館を活用するようにしていますが、活字中毒なのでちょこちょこ購入してしまいます。

電子書籍はまだ使ったことがありません。


私の部屋には本棚というものがありませんので、部屋の隅に積み上げてます。

できることなら床置きはしたくないのですが、きれいに収納してしまうとそれを眺めることに満足してしまいそう。

床に置くことで、毎日目に入り邪魔だと感じるので、私的にこれぞ断捨離のテクニック!という感じです(笑)

本を捨てられない方は床に積み上げちゃえばいいと思います。
床掃除の度にどかすのが面倒なので、あっさり処分できちゃうと思いますよ。

テクニックという程のものでもないですね、すみません(笑)



さて、私も何を処分しようか。

また読み返したいもの以外は捨てよう。



というわけで、16冊のうち11冊の処分があっさり決定しました。


f:id:jmochisize:20170607161722j:plain


処分と言ってもまずはフリマアプリで売りさばきます。
なるべくなら捨てずに活用したいという思いもありますが、少しでもお小遣いに・・!という理由の方が大きい(笑)


そして、残すと決めた5冊のうち3冊は英語関係。
やはり私は英語を習得したいようです。

勉強するする詐欺だったので、以前全て処分したはずなのにまたもや購入してたのね。

外国への憧れはなかなか手放せないようです。


残り2冊は掃除や収納関係。
眺めるだけで楽しいので、またしばらく愛でよう。


本はけっこう入れ替えが激しいアイテムです。
そんなに執着がないので一度読めばもう役目は果たしたかなと。

本は、所有するというより、一時的に私の元へ来ているだけという感覚です。
読み終えたらまた誰かの元へ旅にでる感じ。


これからもたくさん購入して、たくさん手放していくと思います。
このくらいが良い距離感ですね。


さてさて出品作業をしますか。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

え?もしかして不要品?気づかない不要品の罠。

なぜか捨てずに大切にとってありました。


「捨てる」の選択肢すらなかったです。


ふと、存在を思い出し、この先絶対使わないよなーと思いました。



なにかというと、これ。

f:id:jmochisize:20170606202828j:plain

証明写真に必ずついてくる、小さいサイズの写真。



履歴書に使えるのは大きいサイズだけなので、小さいのは余ってしまいます。


小さいサイズは運転免許証や資格の写真に使えるらしいのですが、これまでの人生で一度しか使ったことありません。
なにかの資格取得のときに使ったはず、たぶん。


それ以外使うこともなく、使う予定もなく、それなのに大切に保管してました。
年々たまっていく・・。

「捨て」の対象と認識すらしてなかったです。

もう不要品はないよねーと思っていましたが、この様子だと気づいてない不要品がまだまだありそうな予感。
おお、怖い。


20歳のころの写真まであって驚きました。
絶対使っちゃだめなやつじゃん(笑)
年齢順に並べて変化を充分に楽しんだら、ハサミでぽちぽち細かく切って処分。

写真系を処分するときはシュレッダーが欲しくなりますね。
シュレッダー大好き人間なのですが、モノが増えるので我慢します。


それにしても、あれですね。
今は証明写真が200円でできるらしいです。
家で写真とってコンビニで印刷。便利。
サイズも選べるようで、余ることもなし。
素晴らしいです!写真の腕さえよければぜひ活用します!


pic-chan.net


薄っぺらーいモノを処分しただけなので、部屋の様子は何も変わらず。

だけど少しでも不要品を減らせたのでスッキリしました♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

【書評】服を整理すれば、部屋の8割は片付く

表紙とタイトルにつられて読んでみました。

イラストが印象的でかわいらしいのでとても読みやすかったです。


f:id:jmochisize:20170605193303j:plain


著者はプロのスタイリストで、ご本人のものと思われるクローゼットも写真つきで公開されておりました。


スタイリストということもあり、クローゼットはかなりモノで溢れていましたが、きちんと整頓されており把握しやすそうなクローゼットという印象です。


私の管理できる量は少ないので、モノが多くても管理できる方は羨ましいですね。


現在の私の部屋は収納が皆無ですので、クローゼットがあるとスッキリ片付いていいなぁという目線で読み進めておりました。


スッキリさせるためにはやはり隠す収納が必要です。
収納ケースをなくせばモノを減らすペースはアップしますが、ある程度断捨離が進めば収納ケースに収めたくなりますね。

生活感のないホテルライクな部屋を目指していますので、いつか引っ越すときには小さな備え付けのクローゼットがある場所にします。




印象に残ったのは、著者はセールに行かない主義だということ。
プロのスタイリストが欲しいと思うようなモノは、みんなも欲しがっているモノなのですでに在庫切れであることが多いらしいのです。
だから良いモノは絶対セールに出回らないということでした。

確かにそうですね。
セールに出回るモノは売れ残りですものね。


思い返してみると、セールになっているモノは久しく購入しておりません。
安さにつられてお店に入っても、結局新商品の方が気に入って定価で購入することが多いです。



「定番」と「流行りもの」は5対5の割合でコーディネートするのがいいとの記述もありました。

そこはやはりスタイリストだなぁと思いました。
私はそういうことを考えるのが面倒なので、流行りは気にせずに好きなコーディネートをあらかじめ3パターンほど決めておいてそれをローテーションで着る方が楽です。

流行りとは関係ないコーディネートですが、たまーーにおしゃれと言ってもらえるので変な服装ではないと思っています。
とりあえず清潔感さえあればOKですよね?(笑)

もちろん、流行っているものが私の好みだったら取り入れますが、今は洋服を買い足す必要がないです。
かなり断捨離を進めているのに、まだまだ着る洋服がある不思議。



部屋のモノのほとんどは洋服で占められている方が大半だと思いますので、洋服さえ整理すれば8割がたお片付けも終了したようなものです。
改めて、わかりやすいタイトルですね(笑)


【服を整理すれば、部屋の8割は片付く】
この言葉だけでも部屋の断捨離が捗ります!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

もしも、今この瞬間、自宅が火事になったら何を持ち出すのだろう。

縁起でもないタイトルですみません。

実は先日、自宅近くで消防車がサイレンを流しながら走っているのを見ました。

いくら私が火事に気をつけていても、アパート住まいなのでいつ何が起こるかわからないですね。

もしも、この瞬間、自宅が火事になったら私は何を持ち出すのだろうかとふと考えました。


やはりまずは通帳などの貴重品だろうと思ったのですが、よくよく考えると通帳やキャッシュカードは再発行できますよね。

印鑑なども新しく買い直して変更できます。


ということは、再発行のための身分証明書があればなんとかなりますね。

あとは燃えたら悲しいので現金も持ち出します。


最近は身分証明書もお財布にいれているので、普段使ってるお財布を持ち出せばOKですね。


それからメガネは大事です!

f:id:jmochisize:20170605115333j:plain


コンタクトレンズはあとから購入するとしても、メガネがなければ歩くこともできません。冗談じゃなくて本気で。


あとは・・

スマホでしょうか。

スマホというよりはその中のデータが大切です。
しかし、これはデータをクラウド上にバックアップしてしまえば大丈夫かもしれません。パソコンのデータも。


今までクラウドサービスを利用したことはないのですが、試しに使ってみようかな。


それから・・、うーん。

写真もクラウド上に保存してしまえばいいので、持ち出さなくても大丈夫ですよね。


あれ?
身分証明書と現金とメガネさえあれば大丈夫??


二度と手に入れられないアイテムは所有していないので、失ってもまた買い直せばいいかって感じです。


数少ないジュエリーもありますが、そこには執着しておりません。
それに普段身につけていれば、持ち出す必要もありませんね。


洋服もguやユニクロで気軽に購入できる時代です。
バッグだって安いものでよければ数千円で買えます。


こうして考えると、やはり人間も動物なんだなぁと感じました。
当たり前ですが、命さえあれば生きていけますね。
(私にとってメガネは命の一部ですけど。笑)



ミニマリストには大まかに二種類のタイプがいると思います。

ファストファッションなどを利用して気軽に買い替えする私のようなタイプと、自身のお気に入りをとことん追求して長く愛用していくタイプです。

後者のタイプにも憧れますが、私の場合はお気に入りのもので囲まれてしまうと所有欲が生まれてしまいそうで怖いです。

そうすると、火事になったときにあれもこれも持ち出して、持ち出せなかったものを思い出して落ち込むことは目に見えています。

所有欲から解放されたくてミニマリストを目指しているので、ほどほどに気に入ったものを気軽に買い替えていくこのスタイルは居心地がいいですね。


これがないと生きていけない!というもの、ことを減らしていくとすごく自由を感じます。
フラッとどこへでも行けるような身軽な気分です。
執着しないって、いい気分。


とりあえず
スマホ、パソコンのデータをクラウド化すれば、私はどこへでも生きていけることが判明してなんだか安心しました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

自分を大切にするために。着心地の悪い洋服を処分。

手っ取り早くミニマリストになるには、やはり洋服を減らすことに限ると思います。


一枚一枚は軽いのに、引っ越しで段ボールにつめたらけっこう重かったし、意外と容量をとるんですよね。

これからはもう少し洋服の数を絞っていきたいと思っているんですが、ある程度断捨離は進んでいるのでなかなかここから減らせないんです。


でもここを乗り越えればなにか変わる気がする・・!


というわけで、着心地の悪いインナーを処分することにしました。


f:id:jmochisize:20170528195955j:plain



まだ新しいのでもったいない気持ちはありますが、これを着る度にストレスになることは目に見えてるので「ありがとう」とお礼を言ってさよならします。


今回の断捨離で、綿100%だからといって着心地がいいとは限らないことを学びました。
昔の私だったら、我慢して着ていただろうなー。

これまでいかに自分のことを大切にできていなかったのか思い知らされます。


モノを捨てることは手段であって、目的ではない。

どなたかがこのようなことをおっしゃっていて、その時はそれがよく分からなかったんですが、最近やっと理解できたように思います。


まずは自分のことを大切にしたい。そのためにミニマリストを目指したのかもしれないです。

その先にまた何かがあるかもしれませんが、とにかく今は、「私」を大切にしてあげたい気持ちでいっぱいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村